オタクのウェイ系化と分裂

自分も若輩ながらもオタクをやっている者としてノリが全く付いていけないオタクの存在に疑問を持ってました。嫌悪感よりなぜ同好の趣味という共通点があるのにここまで違うのかそしてこのノリはどこから来たものなのかということの二つについてです。一つ目はやはり同じ趣味を持っていてもそれ以外の様々な違いがこの違いを生み出しているのでしょう。しかし二つ目については理由が最近まで皆目検討つかなかったのです、しかし最近思ったのはこのノリはウェイ系とかからきてるのではないかということです。「ちんげ!wまんげ!w」のコールこれはオタクのノリとしてもウェイ系のノリとしても使えたりとオタクとウェイ系は意外と共通点があるように思うのです。ここでは便宜上ウェイ系オタクとオタクと分類して話しますがこのウェイ系オタクは頭の中はウェイ系的考えが強いのではないでしょうか。なのでより正確を期すならオタク系ウェイなのかもしれません僕はオタク側の人間なのでウェイ系オタクは苦手ですただ今のオタクはウェイ系オタクの方が多数派であり声も大きいのも理解しているつもりです。しかしやはり違うタイプであることは感じつつそれを受け入れられないものあると思います。Twitter等で炎上したりするオタクの内輪の事件はこのウェイ系オタクVSオタクの抗争であることが多く思います。そしてライブ会場とかでこの二種類の生き物がごちゃ混ぜになればお互いあーだこーだ文句の言い合いが起こるのはもはや必然とすら言えます。ただこの時どちらが正しいとは言えないと思いますというよりそもそもオタクとウェイ系オタクはあまりにも違いすぎてそもそも比較対象として成り立たないので。僕はこの時代を経験していませんがかつてオタクは社会の重圧に戦いなんとか勝利し昔に比べればかなり社会的に認められてきていますしかしその結果オタク内の内戦が始まるのはなんとも皮肉な展開だと思うのです